投稿日:

粗大ごみは分けて捨てないとなりません

粗大ごみは分けて捨てないとなりません、これは燃えるゴミと燃えないゴミなど分けて捨てるようになっています。

地域によってはペットボトルなど更に細かく分けるところも出ていますがやはりゴミはあまり出さないようにすることが大事ですね。

また粗大ごみは地域にもよりますが簡単には捨てられないので手続きなどが必要なことが多いものです。

多くは業者などに取りに来てもらえるように手配するものであり料金がかかってしまいます、このために料金や手続きが面倒な人も多くそのまま家に溜まってしまうことも多いでしょう。

また粗大ごみではしてはいけないことがあります、それは不法投棄ですね。

これは社会問題にもなっていますのでどうにか対策を行わないとなりませんがまだまだ不法投棄する粗大ごみは後を立たないものなのです。

自然分解されにくくしかも山奥や川などにすてられた粗大ごみは自然を汚し環境破壊もしてしまいますのでこれは国や製造会社、また地域や人などももっと真剣に考えないとなりません。”